So-net無料ブログ作成
検索選択

とんび あらすじ ネタバレ 2話 [ドラマ]

とんび あらすじ ネタバレ 2話を
ご紹介します。

ぶらんち1.12とんび


アキラ(荒川槙)は、6歳になり
保育園に通い始めます。


ヤス(内野聖陽)の幼なじみのたえ子(麻生祐未)が、
アキラを保育園に迎えに行くと、
アキラはほかの子供を、母親が迎えに来るのを見て、
さびしそうにしていました。


アキラとヤスが銭湯に行くと、
番台のおばちゃん(青木和代)がヤスに、
「アキラに母親を作ってやれ」と
お見合いをすすめます。
ヤスは
「今さらいるか!」と
つっぱねます。


銭湯でアキラはヤスに
「保育園で家族の絵を描くことになったから
お母さんの写真を貸して欲しい」と
頼みます。


翌日、アキラは母親の美佐子(常盤貴子)の写真を
見ながら絵を描きます。


周囲の子供たちが、アキラから写真を取り上げ
まわし見します。
そして、一人の男の子とけんかをしてしまいます。
けんかを先生にとめれれますが、
アキラは、寂しさや不安がいりまじり、
美佐子の写真を破ってしますのでした。


そんなことがあって、
ヤスはお見合いを決意します。


アキラの母親がいない境遇を考えると
かわいそうになりますね。


でも、こういう境遇で育った子供は、
将来、とてもすごい人間になるケースが多いように思います。


父親のヤスの必死で男手ひとつで、
アキラを育てる姿を幼い子供も心で感じるものです。


これは、女手一つで育った子供にもいえます。


こういった境遇で育った子どもたちは、
人間の弱さを理解できる
本当に強い人間になることが多いようです。


こういうドラマを
若くして配偶者と別れたり、死別して
一人で子育てをしている人に見てほしいと思います。


子供は宝です。
子供がいることによって、
自分の心が折れそうな時も、がんばれる
そんな存在です。


現代には、幼児虐待などの悲惨な事件がありますが、
そういった問題を根絶するために、
私たちは努力する必要があると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。